2017年10月04日

長尺ドライバーか短尺ドライバー

ドライバーの長尺化が話題になったと思ったら、今度は短尺化
フェアウェイウッドの3番程度の長さが話題にも・・。

要するに飛距離を得るためにはどちらが有利か、と言う話しです。

その前に貴方はラウンドにおいて飛距離方向性とどちらを優先するのでしょう。

ゴルフのラウンドデータを基にした、面白い分析があります。
ゴルフ データ革命 〜SG指標で「一打の重み」を可視化する、と言う内容の分析本です。

ゴルフはあくまで飛距離が重要
グリーンまで残り150ヤードのフェアウェイからのショットと、残り100ヤードのラフからのショット
どちらを選びますか?と言う問いに貴方はどちらを答えるのでしょうか。

150ヤードを方向性良く距離もピッタリに打てる実力があれが、ラフよりフェアウェイを選ぶかもしれませんが、
大多数の人は、150ヤードより100ヤードの距離の方が、グリーンに乗せる確率が高い。
更にピンに近づかせられる確率も、ラフから100ヤードからの方が高いはず。
となれば、方向性もさることながら、飛距離がスコアーにとっては重要と言うことになります。

長尺ドライバー短尺ドライバー
どちらが飛距離が出るのでしょう・・。
私は長尺の47.25インチドライバーを使っていますが、確かに飛距離は以前より20ヤード近く伸びました。
ですからティーホールから230ヤード程度先にあるサイドバンカーなど関係ない場合が殆どですが、何故か今、短尺ドライバーが話題にもなっています。

そもそも飛距離は何で決まるか、というと
ランを含む飛距離=ボールの初速×4
ボールの初速はヘッドスピード×ミート率
つまり、ヘッドスピードが速くて、ミート率が高いと距離が出ると言う計算です。

長尺と短尺を比べた場合、
1インチ長いとヘッドスピードが1m/s早くなると言われますが、
残念なことに、シャフトが長くなればミート率が悪くなる。

短尺の最大のメリットは、ミート率が良くなること。
よく3Wのほうが良く飛んでいる、なんて悲しいことを経験しますが、
DRより短くても、ミート率が上がって飛距離が出た証拠なのですね。

最近プロゴルファーでもドライバーの短尺傾向にあり、
だったら短尺のほうが振りやすいし、飛距離もでるからシャフトカットして・・・・と思うのは早すぎますよ。

ヘッドスピード
打ち出し角度
スピン量
シャフトの硬さ
クラブの重量
クラブバランス
などなど細かい点に注意しなければ、ただ今のクラブを短くすれば良い、と言うものでもありません。

短尺に伴うギアの変更箇所は
シャフトカットチップ側にするかバット側にするか、ヘッドのロフト角の変更や重量を上げ、
シャフトの重量調子も検討する必要があります。
さらに細かく言えば、ヘッドの特性、例えば重心距離なども検討に値することでしょう。

現在使用のドライバーを、ただ短尺にすれば良いというものでもないので、
くれぐれも良く研究してから短尺にしましょう。

個人的には長尺好みです。
長尺は身体を使ってスイングしなければ振り切れません。
スイング作りにはもってこいで、長尺でミート率が上がるようになれば言うことありませんね。
長尺に慣れると、スイングリズムも安定し、ミート率も上がりますよ。

ただし、どんな仕様にしようとも、ヘッドの特性を生かすようにしなければメリット生じません。


posted by cashinputter at 12:37| ドライバーのリシャフト | 更新情報をチェックする